『EDO-TOKYO-FIRST!急上昇トレンド 「江戸野菜」についてまとめてみた! 農といえる中野!「中野・内藤とうがらし普及プロジェクト」!』

『EDO-TOKYO-FIRST!急上昇トレンド
「江戸野菜」についてまとめてみた!
農といえる中野!「中野・内藤とうがらし普及プロジェクト」!』

 

~江戸時代現在の新宿に「内藤藩」のとう
がらし畑がありました。
そば好きの江戸っ子にとって内藤とうがら
しは必須で、大きな需要があったそうです。
今回はお隣の中野区でスタートした、中野・
内藤とうがらし普及プロジェクトの詳細を
紹介します!
詳細はここから↓
http://edotokyo.whdno.com/p/1703/6BkKGiU91.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

食育&6次産業化推進センターは、食の国家的安全保障をめざし、日本人の命と健康を守るため、真の食の安心・安全とは何かというテーマを、食育活動や6次産業化推進活動をベースに追求する国家戦略プロフェッショナルの仕事をしています。