トランプ大統領が国賓で来日!

日本の初代天皇、神武天皇が即位なさってから2679年…

令和天皇の御世になって最初の国賓となるトランプ大統領が

来日します。

トランプ大統領は来日前の記者会見で「最初の国賓」である

ことをとてもアピールしています。天皇・皇后陛下への拝謁が

とても喜ばしいことと思っているようです。

世界の(元首)格付けNo.1称号「エンペラー」を戴いている

天皇陛下。
なんと言ってもキリスト教(ローマ法王)の2019年よりも

長い、2679年という世界最長の父系の血統が継続してきた

という歴史こそが、世界に誇るべき日本が日本であることの

存在感を示していると思います。

5月からアメリカの対中国企業締め出しの法案が施行されました。

ファーウエイの締め出しは単なる貿易戦争ではなく、技術=軍事

に関わる安全保障の観点から、もはや中国の軍事力強化のために

アメリカの技術が盗まれることを絶対に許さない!という方針が

アメリカ両院の全会一致で決定されたのです!

今や、令和の世界対戦が始まったと思います。

かつてのアメリカVSソビエトのように、自由主義経済圏と、

一党独裁の共産主義経済圏との戦争となっています。

戦争なので、もはや話し合いで済むレベルを超えています。

トランプ大統領は世界各国に対して「アメリカをとるのか、

中国をとるのか」という踏み絵をアピールし始めています。

中国と関わった企業や製品はこれからほとんど世界では売れ

なくなりそうです。

大切なのは戦争という認識を持つことであって、中途半端に両者

にいい顔をしてしまうことなどできない!ということです。

今の韓国はその象徴であり、中国にもアメリカにも真反対的に

いい顔をしてきたので、今や経済的にも外交的にも世界から

全く相手にされなくなってしまっています。

私見ですが、日本はアメリカをとり、中国とは離れていくべきだと

思っています。なぜなら日本には天皇陛下という存在があり、一党

独裁の共産主義制度を取り入れる必然性が皆無だからです。

今回のトランプ大統領の来日と日本側のおもてなしは、まさに

そこのところを象徴しているものだとして見守りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

食育&6次産業化推進センターは、食の国家的安全保障をめざし、日本人の命と健康を守るため、真の食の安心・安全とは何かというテーマを、食育活動や6次産業化推進活動をベースに追求する国家戦略プロフェッショナルの仕事をしています。