【大豆と食育!大豆絵画コンクール作品発表!】その2

 
★NPO法人 大豆100粒運動を支える会では、
 毎年小学生の子供たちを対象に、
 大豆をテーマとした絵のコンクールを実施しています。
横書き
 
★辰巳芳子会長の会の運営方針です!
 ●方法の第一は、
 学童が掌一杯、約100粒の大豆を播き、
 その生育を観察・記録し、
 収穫を学校で揃って食べることを、
 奨励・拡大することです。
 ●第二は、
 各風土の特質ある大豆、即ち、在来品種とその食方法を
 調査・発見し、復活・振興をうながし、援助することです。
 これは誰にとっても、興味つくぬ命題で、
 生き甲斐にさえつながりましょう。」
 ●第三は、
 大豆再興が、地域の着実な「底力」となるよう、
 情報交換し、「合力」することです。」
 
※子供たちの絵を見ると、
 大豆の栽培から喫食までの食育がもたらす、
 計り知れない教育的な意味と成果が、分かります。
 1,000点以上の応募の中から選ばれた、
 作品をご覧頂き、子供たちのまっすぐな心と、
 未来に繋がるサムシンググレートを、
 共有してみませんか?
金賞大豆の中野わたし
絵3 - コピー
 銀賞命をつなぐ枝豆
 
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
★【NPO法人 大豆100粒運動を支える会】
 
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
☆九州産フクユタカ大豆を積極的に喫食し、
 大震災で傷つき、疲弊し切った心と身体を癒すと共に、
 今後の復興に貢献しましょう!
※商品1セットにつき、500円をプールさせて頂き、
 九州の大豆生産者復興の支援金に役立てて参ります。
【熊本・大分支援大豆プロテインギフトセット】
【熊本・大分支援大豆フィレギフトセット】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です