戦後からの脱却へ!学校給食甲子園の役割、基礎講座

皆さんは学校給食甲子園という大会があるこ

とをご存知ですか?

図1

遺伝子組み換え食品や、食品添加物だらけの

日本の食の流通市場において、子供たちの食

育に最も貢献する可能性が高い、学校給食の

在り方や、今後の目指し方について、一緒に

考えてみましょう!

★日本は、終戦直後の食料難を乗り切るため、

学校給食に小麦(パン)を入れ込むことを条

件に、アメリカから大量の小麦粉を輸入しま

した。

以来、古来から継続していた、ご飯とみそ汁

文化から、パン食文化が日本の食文化を変え

ていきました。当時給食でパンを食べ続けて

きた子供たちは、その食育的効果により、大

人になり、高齢者となっても、パン食を基礎

とする生活から離れられません!

そんなパン食主体だった学校給食のメニュー

が、戦後65年目にして、やっと、古来から

日本人の命と健康を守ってきた、米飯と汁物

(ご飯とみそ汁)という、和食の基本中の基

本のメニューがメインになり始めました!

★2006年から始まった、学校給食甲子園!

経緯を検証しながら、古来から日本人の命と

健康を守ってきた日本の食文化の本質を見つ

め直し、食の分野においても、敗戦後の日本

から真の意味での脱却し、独立を果たす意味

や価値を、一緒に考えましょう!

また、新たなる子供たちへの食育の在り方を

通して、食料自給率が39%と危機的レベル

に陥っている日本の食の国家安全保障の在り

方や、自給率向上への方法を、一緒に考えて

参りましょう!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★遺伝子組み換えでない、安心・安全な国産大
豆プロテインの普及と拡散にご協力願います!
食育&6次産業化推進(アフィリエイト)セン
ターのアフィリエイターさん募集中です!
★募集映像

★募集ページ
http://goo.gl/P2f8GQ