『旧正月を大豆ミートの精進メニューで 祝いましょう! ~旧暦は農業にとって 必須な情報源だった!』

『旧正月を大豆ミートの精進メニューで
祝いましょう! ~旧暦は農業にとって
必須な情報源だった!』
 
日本人は古来よりコメと大豆を育て、自
らの命と健康を守ってきました。農業や
漁業に携わる人たちにとっては、今の太
陽暦のように一か月の日にちが固定され
ていて、1月1日は一年のうちで一通り
しかないという考え方では無く、月の満
ち欠けによって、新月が朔日(ついたち
:1日)、満月が15日と数え、次の新
月が訪れると次月の朔日(1日)とする、
太陰歴による詳細な季節の移り変わりの
情報が必需品だったのです!
ちなみに太陰暦では1月1日は、五行(
木・火・土・金・水)×12支(子・丑・
寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・
亥)=60通りもあるという考え方にな
り、61年目でやっと同じ年回りが巡っ
てきます(還暦)。厳しい自然と良い時
も悪い時も向き合わなければならない農
業や漁業に携わる人たちにとって、太陰
歴のような詳細でデリケートな統計的季
節感が必須だったのだと言えるでしょう!
今でも伊勢神宮の暦には、三重大学の農
学部の教授が心血を注いで、農作物など
の播種時期や収穫時期を、長く培ってき
た暦に基づいて記述していると聞きまし
た。日本では明治6年から、西欧諸国に
見倣って太陽暦を取り入れましたが、四
季が明確で水と森林と海に恵まれた日本
人には、旧暦にしたがって残してきた様
々な季節感や年中行事が自然に擦り込ま
れているので、どうしても太陽暦では語
れない、優れた文化性が旧暦にはあると
感じている人が多いのではないでしょう
か?そんな古来より培われてきた日本人
の本来的な精神文化を感じるため、今週
末から始まる旧正月を、大豆ミートを使
用した、昔ながらの精進メニューで祝お
うと思います(^^♪
メニューは下記の通りです。
【大豆そぼろ肉とレンコンのツミレ風~
甘辛タレをからめて】
【大豆フィレ肉の筑前煮】
【大豆そぼろ&春菊&豆腐の水餃子】
  
※体や胃に優しい、ヘルシー精進料理は、
日本の食文化そのものですね(^^♪
 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■
100%国産&無添加!低脂質&低糖質な遺伝子組み換えでない大豆プロテイン!
大豆フィレ肉、大豆そぼろ肉、スーパーきなこ3点セットはこちらから!