インターネットの拡散機能によるばねの力が唯一の頼り! 既成概念を払拭した、型破りの参院選挙活動で、 トップ当選を目指す、新人候補に注目!

【インターネットの拡散機能によるばねの力が唯一の頼り!
 既成概念を払拭した、型破りの参院選挙活動で、
 トップ当選を目指す、新人候補に注目!】
 
★アメリカのトランプ現象、EUの崩壊現象など、
 世界中が混沌と混乱の状況下に陥っています。
 イギリスの国民がEU離脱を選んだことにより、
 世界中の経済が猛烈に乱高下し、日本も否応なく、
 目先の対応だけではなく、長期的レベルの見識を持った、
 政策が求められています。
 
☆まさに世界的レベルの混乱と混沌の渦中で、
 日本では今、参院選挙が終盤戦になりつつあります。
 眼前にEU崩壊があり、東アジアでは、経済崩壊に窮した
 中国や北朝鮮による、日本への脅威が迫りつつあります。
 そんな渦中の参院選で、私たち一人一人には、
 これから6年間に渡り、日本や世界にとって、非常に重要
 な国政を預けるに、相応しい人を選ぶ義務と権利がある
 ことは、言うまでもありません。
 
★私たちが特に注目しなければいけないことは、アメリカの
 トランプ現象も、イギリスのEU離脱も、国民のマジョリティ
 の意見である!ということです。
 
☆日本では、依然としてNHKなどのTVや、大手新聞、週刊文春
 などの週刊誌による報道で、世論誘導や情報操作が行われ、
 国民が左右されている状況が続いています。
 しかし、もともと移民国家であるアメリカや、
 移民が溢れつつあるEUで起きた激変が示していることは、
 メディアによる世論誘導や、情報操作が機能しなくなって
 いることの証です!
 
★日本でもそうなりつつあるように、アメリカやEUでは、
 一握りの既得権益や投資家に富が集中し、
 格差が極限レベルまで広がりました!
 その結果、貧困に苦しむ国民のマジョリテイが、
 既得権力と結びつき、世論を誘導するメディアの本質に
 うんざりし、全く信用しなくなったのです!
 
☆それを促進したのが、スマホの急激な普及でした!
 庶民などのマジョリティは、TVや新聞など見なくても、
 より簡単に、より低コストで、インターネットによって、
 既得権力による情報操作の無い情報を、手軽に入手できる
 ようになりました。
 更に、積極的に検索機能を駆使したり、ネット仲間同士で
 情報を共有化することによって、メディアによる偏向報道
 に左右されない、庶民にとって真に必要な事実を入手できる
 ようになり、世界を激変させる起爆剤となっていったのです!
 
★日本の参院選挙でも、私たち一人一人が、メディアの偏向
 報道に左右されないよう、インターネットによる情報収集
 を心掛け、本当に国民に目を向けている候補者を選ぶべき
 ときが来ています!
 
☆私は、食の6次産業化推進活動に、インターネットのバネ
 の力を利用するという考え方で、仕組み作りをしていますが、
 それと同様の考え方を、選挙戦に取り入れている候補が
 現れました!
 全国比例で自民党から立候補した、青山繁晴氏です!
 彼の活動は、食の6次産業化推進という、日本の将来像を
 占うべき、象徴的な活動としての、共通項目に、
 満ち溢れていて、非常に注目せざるを得ません!
 
今まで見たことも聞いたこともないくらい、
 とにかく凄いのです!
 
★当選するための、従来型の選挙方法の、ことごとく真逆を
 真剣にやっているところが、凄いし、とても新鮮です!
 彼の選挙活動を見て、腐りきっている今の政治や選挙制度
 に対して、胸のつかえが落ちるようなイメージになる人は、
 非常に多く、実は国民のマジョリティなのではないかと
 思います!
 
【青山繁晴氏の従来型とは真逆の選挙活動って何?】
 
 ●選挙戦を終盤戦となった今でも、ボランティアの女性と
  共にたった二人でやっている。
  資金集めはゼロ!ほとんど金を使わずに選挙をしている。
 
 ●自分を売り込むようなことを、日本男児はしないし、
  してならない!という、親の教えを誇りに思い、忠実に
  守っている。選挙で自分の名前を連呼するようなことは
  しない!
 
 ●党が用意したタスキを恥ずかしいと断った!しかし、
  自ら街頭演説をしている青山氏本人に対して、立候補者
  本人ではなく、他の候補の応援者と間違う人がいるので、
  今は混乱を回避する意味で、着用している。
 
 ●自民党公認であり、そもそも安倍総理からの直接依頼で
  立候補したにも関わらず、安倍総理の応援を断った
 
 ●全国区は10万票レベルの団体の応援が付くか、付かないか
  がカギなのに、それを断った
 
 ●個人演説会などの実施する場合、党員の動員を確保するのが
  カギなのに、それを断った
 
※以上のように、おそよ票集めに関わると思われる、ほとんど
 一切の活動を、彼は一切していません!
 それなにに、一体どうやって当選するだけの、最低15万票
 以上の票を集められるのでしょうか?
 
☆今までなら、絶対落選でしょう!
 でも、今は世界中が変わろうとしているときでもあります。
 見えない天からの意志のような兆しや、想像できないような
 事実が世界中で起きていることも確かです。
 私は青山氏の選挙活動を見て、普通なら100%落選なのに、
 もしかしたら、トップ当選の可能性すらイメージするような、
 奇跡的なサムシンググレートが起きるような気がします!
 
★彼の由唯一の集票の頼りは、日本全国にいる、知る人ぞ知るの
 レベルとは言え、彼のファンがいることと、そのファンの
 人たちによる、口コミと、インターネットの拡散機能による
 バネの力を全面的に信じていることなのです!
 
☆青山氏が自民党から出馬したのは、深い訳があり、ここでは
 言及しませんが、青山氏のように、金もスタッフも使わず、
 組織の応援や、党による動員も無いという、私たち一人一人
 のような、いち民間人レベルの選挙活動しかできなくても、
 アメリカやイギリスで起きたように、現状に苦しんでいる、
 国民同士、庶民同士のマジョリティによる、インターネット
 を駆使した、口コミや情報のバネの力が一たび働けば、予測
 を超えて、現状の秩序が崩壊するという、世界的に生じている
 現象が、日本でも起きるかもしれない!ということなのです!
 
★今の日本の選挙制度が、既得権力や組織の利益代表として、
 一部の利益追求型の議員候補しか生まれないような仕組み
 になっている訳ですが、もし青山氏がこの選挙戦で、固い
 固い強固な利権の殻を打ち破り、選挙戦に勝利したら、
 どれだけ多くの国民にとって、励みになるか、はかり知れ
 ないものが生じます!
 
☆私の取り組んでいる6次産業化推進活動も、中小零細の
 農家と、中小零細の加工工場と、中小零細の販売店との
 連携であり、日本国民のマジョリティ同士の、ネット
 ワークを構築することがメインのテーマです!
 青山氏の選挙戦の成否は、今後の日本の姿や、日本人の
 真の国民力を占う意味で、非常に重要な意味を持っている、
 と思います!
 彼の言動は日を追うたびに、進化しているのも凄い!
 投票日まで、あと4日。彼を通した、日本人の真の国民力
 とはいかなるものなのか、興味深く見守っていきたい!
 と思っています。
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
【青山繁晴氏、個人演説会、板橋区立文化会館】
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です