福岡の友人から熊本の友人へ!  救援物資が届けられました!

【福岡の友人から熊本の友人へ!
救援物資が届けられました!】

★被災から10日以上を過ぎ、
避難所生活を送っていらっしゃらない、在宅被災者の方々に
対する支援が求められつつあることが分かってきました!
その方たちの窮状を救おうと、福岡から、草の根支援の
試みが始まりました!!

☆家が倒壊していない人、寝たきり老人の世話がある人、
栽培ハウスの対応に迫られている人など、
いろいろな事情や理由があって、
避難所に行けない、行かない、在宅被災者の方々は、
熊本県内で80%以上いらっしゃいます!

★14日の地震勃発から、2週間近く経過し、必要なものが
底をつき始めました!
被災現地の救援物資の受け入れは、混乱のあまり、
対応が後手に回りやすく、在宅被災者の個人的レベルまで、
行き渡り辛いところがあります。
でも、避難所生活であろうと、在宅避難であろうと、
被災者の方々の困難さは、ほとんど変わらぬレベルなのです!

☆在宅被災者の支援は、たとえ大がかりなことは出来なくても、
個人的レベル草の根から、小さな第一歩から始めようと、
福岡の友人が思い立ち、今日、ワゴン車1台分の、
あらかじめ聞いておいた必要物資を持って、
熊本に向かいました!
熊本へは、2時間程度で着いたそうです!\(^o^)/

 

S__14245912

★荷物の内容は、大豆乾燥フィレ肉、
無農薬の干し大根のつぼ漬け、日田天領水、等の食品の他、諸々

S__14270482

 

S__14245914

 

S__14245915

 

※熊本の友人はもともと大豆ミートの愛用者だったこともあり、
今回の震災では、非常時で煮炊き出来ない時でも、
そのまま美味しく食べられて、腹持ちが良く、栄養満点な
大豆ミートが、とても重宝し、大活躍しました!!
熊本の友人は、手持ちの大豆ミートを周囲の被災者に配る
などして、皆で分け合って、凌ぐことができたそうです!

 

900PIMG_7361

★熊本の友人は、持ち込まれた10Kgの大豆フィレを、
早速500gづつ小分けして、周囲に配り始めました(^O^)/

 

S__14262297 - コピー

 

S__14270472

 

S__14270477

 

S__14270473

※今日を契機として、個人的レベルの草の根支援という、
極めの細かい人繋がりのメリットが活かされていき、
広がることで皆が得をするという、6次産業化的な考え方が、
その後の長期的な産業復興の足掛かりとなることを、
祈ってやみません!!

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

☆非常時でもそのままポリポリ食べられる、
高たんぱく質で栄養満点の大豆乾燥フィレ肉!
九州産フクユタカ大豆100%無添加!
大豆フィレ肉で被災者の命と健康を守ろう!
活動参加、情報拡散に、ご協力ください。
http://goo.gl/rE5rT6

 

900

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

食育&6次産業化推進センターは、食の国家的安全保障をめざし、日本人の命と健康を守るため、真の食の安心・安全とは何かというテーマを、食育活動や6次産業化推進活動をベースに追求する国家戦略プロフェッショナルの仕事をしています。